メニエール病を改善しよう ~ 原因明確でスピード治療 ~

医者

特徴と診察方法

female

メニエール病という言葉を聞くと、若い女性に特有の病気であると広く認識されています。メニエール病の原因は内耳のリンパが増えてしまって水ぶくれのような状態になることです。内耳というのは、聞こえるための細胞が詰まっている部分と、三半規管と耳石器の部分の2つから成り立っています。前者の部分は水ぶくれになると、難聴だけの症状になります。耳鳴りや耳が詰まっている状態になります。また、後者の部分に水ぶくれが出来ると、難聴は感じませんが、めまいを感じることが多いです。めまいは数秒から数分程度まで続きます。一般的にはメニエール病というと、めまいのイメージがありますが、難聴も含めて繰り返し起こるというのが、厳密な意味での特徴です。

メニエール病の特徴については、前述しましたが、それではどのような方法で診断するのでしょうか。まず第一に「繰り返し発症する」ということが必須条件になります。そして、めまいの診察方法は、バランス感覚を調べる検査を実施します。また、難聴かどうかを調べる方法は、耳内を調べて、聴力検査を実施するのが一般的です。病院にメニエール病かもしれないと言ったら、たとえ症状が難聴だけでもめまいの症状がないか調べます。また、その反対に、めまいだけの症状でも、聴覚検査を実施します。このような検査方法を実施して最終的に診断してもらいます。もしメニエール病だと診断されたら、薬物療法か手術による治療を受けます。もっとも手術を行うことは滅多にありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 メニエール病を改善しよう ~ 原因明確でスピード治療 ~ All Rights Reserved.